NPO法人タブララサ

白石島合宿、やります。

今年も白石島合宿を行うことになりました!

5月に島の方々と一緒に種まきをした棉はすくすくと成長し、白くてかわいい綿を実らせています。
その収穫のタイミングに、白石島で1泊して、島を楽しむ合宿です。
9月18、19日に行います。

昨年は初めての開催だったにも関わらず、30人もの方に参加いただきました。

白石島合宿1日目
1日目の様子


白石島合宿2日目
2日目の様子

日帰りで島へ行くのもいいですが、「島に泊まる」のはほんとに格別な体験でした。
島から見る夕焼けは、瀬戸内の多島美として語ることもできますが、
白石島の場合は、そこから見える本州の町並み、工場地帯、山々などを背景にしていて、
考えさせられる印象的なものです。
これを見るためにも是非島泊を。
シーカヤックを存分に楽しむことができます。
思い思いに白石島で過ごし、夜には各々がゆるやかに話をし、みんなの話に耳を傾け、
廊下で飲み続けるなんてこともできます。
学生時代にタイムスリップしたような時間。

昨年、神奈川の専修大学からKSアカデミーという公開講座の方々とともに、
白石島へ来てくださった神原先生が今年の合宿の案内文を作ってくださいましたので、
それにて告知をさせていただきます!


続きを読む
  1. 2010/08/25(水) 23:13:35|
  2. ラサ×白石島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HAPPY SHARE CANDLE party

bar.comptoirさんで、日頃お世話になっている方をお招きして
『HAPPY SHARE CANDLE party』を開催しました。

100822HAPPY SHARE CANDLE PARTY6

時間は、ディナーに行く前の16時~18時。

ラサが企画、そしてbar.をキャンドル演出した総勢19名の小さなParty。

テーマは、HAPPY SHARE。

普段よりちょっぴりオシャレをして、
夏の夕暮れに素敵なbarで、ゆるい時間と空間を楽しむひととき。

おいしいお酒、素敵な音楽、やさしい気持ちになるアロマの香り
そしてキャンドルのやわらかい灯り。

今回のPartyは、特別HAPPYなものになりました!

100822HAPPY SHARE CANDLE PARTY5

日頃ラサキャンドルを使って営業して頂きお世話になっているbar.comptoir


オーナーさんが、ほんっとにすてきな方なんです!(いつもありがとうございます☆)


そのオーナーさんがこの日のためにHAPPYなアイテムをご用意くださいました。

まずは、限定オリジナルカクテル。
ラサをイメージして作られたカクテルたちです。


■タブララサ
■ハッピーシェア
■島 ~sima
■フランベ
■西川緑道公園



私はハッピーシェアを頂きました。
さっぱり飲みやすく、かわいい感じの味でとても美味しかったです!

Partyから生まれたラサカクテル。
急な私たちのお願いにもかかわらず、オーナーさんが心良く応じてくださり、
通常営業でも味わえることになりました。

お店を訪れたときには、ぜひラサカクテルをゆっくり楽しんでみてください☆


次に、素敵な音楽。
『タブララサとコントワールの22曲』と題して、オーナーさんがこの日のために選曲してくださいました。

stefano cantini
Yusef lateef
小野リサ
Jake shimabukuro
Geogia hassan     etc...


HAPPYな音たち。

私たちにとってもサプライズなことだったので、本当に感動しました。
すてきな音がつくりだす、スローな空間が自然とありました。
人生のほんのわずかな2時間をみんなでHAPPYをSHAREしました。

100822HAPPY SHARE CANDLE PARTY1


  1. 2010/08/24(火) 00:59:00|
  2. Happy Share Candle
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カラフルキャンドルを作ろう!

夏休みも中盤。
長いお休みとは縁遠くなってしまったけど、
夏休みを感じるワークショップをしてきました!

NPO法人岡山市子どもセンター と 岡山市中央公民館が主催する
「夏休みフリー塾」
の講座のひとつとして、
「カラフルキャンドルを作ろう!」と題して
小学生の子どもたちと、ハッピーシェアキャンドル作りです

32人の子どもたちを前にして、なんだか学校の先生になった気分。嬉しい!

溶かして液体になった「ロウ」を見せてあげて、
「これはなんでしょう?」と問いかけると、
「お湯?」
と、期待どおりの答えが。
また、嬉しい。

さて、いよいよカラフルキャンドル作り。
男の子は飽きるかな~、と思いきや、
結構繊細なのは、男の子のほう?

いろんな色のロウをパキパキ折ってプリンカップに入れていきます。
CIMG0244.jpg
自分の好きな色のロウを選んで、世界に一つだけのキャンドルを作ってね!

CIMG0254.jpg

トッピングは何にしよう、、、。
用意した、お花や星、数字の形のロウが大人気。

CIMG0250.jpg
溶かしたロウをプリンカップに流しいれて、冷まします。

キャンドルを冷やしている間に、
キャンドルを灯した隣の部屋に移って、
輪になって座ってちょっとだけエコのお話をしました。

今日のキャンドルはカワイイだけじゃなくて、
捨てられそうになってるのを、もう一回溶かして新しいものに変えたんだよ。

お家でも、捨てる前にもう一回使えるものがあるかもしれないね。
という話に、

「うちは、ペットボトルを花瓶で使ってる」
「割りばし集めて恐竜の置物作った」
とか手を挙げて話してくれる子どもたち。

ろうそくの灯りだけで過ごすってどんな感じ?

「静かになる」
「いつもみたいに動けない」
「心が落ち着く」←こんな意見が出るなんてー!スゴイ!!

ろうそくは使ったらどんどん無くなっていくね。
電気も目に見えないけど、無くなっていくんだよ。
大切に使おうね。

「学校には電気消し当番があるよ!」と。
そういえば、遠い昔そんな当番があったような、、、。
うんうん、そういうの大切だよね。

さーて、みんなのキャンドルが出来上がったよ!
CIMG0262.jpg
CIMG0258.jpg
CIMG0261.jpg
色とりどり。楽しいキャンドルがいっぱい出来ました。

アンケートで書かれた子どもたちの感想は、、、

「色んな色があって楽しかった」
「キャンドルがリサイクル出来るとは知りませんでした」
「オリジナルのキャンドルをデザイン出来て楽しかった」
などなど。
小学生の表現の中に、リサイクルやエコという言葉は自然に出てくるのですね。
自分の時と比べて、衝撃でした。


夏休みの楽しい思い出になっていますように。
子どもたちの中のちょいエコな芽が少しずつ大きくなったらいいなぁ、、、。


河上


  1. 2010/08/10(火) 16:02:51|
  2. Happy Share Candle
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0