FC2ブログ

NPO法人タブララサ

エコスマ イベントスタッフ 募集!! 

10月ももう半ばですね。

11月6・7日(土日)は毎年恒例の「エコ&フードフェア」が開催されます!

今年は国民文化祭と併せて会場は岡山県総合グラウンド。
しかも2日間です。

タブララサはフードコートでのリユース食器使用をサポート。
「エコステーション」でゴミ分別も呼び掛けます。

タブララサメンバーが毎年お手伝いに参加している、7月の「ap bank fes」みたいな
エコステーションが目標とするところです。

CIMG0143.jpg
ap bank fes はこんな感じ。 

エコ&フードフェアは行政(県)主催のイベントです。
正直に言ってしまいますが、「行政主催」というだけで、オシャレさは無いと思ってしまいませんか?

岡山県の主催のエコイベントは少しでもかっこよくしたい!!

そんな仲間になってくださる方、募集します。
タブララサメンバーと一緒にエコスマ(エコをスマートに)しましょう

!イベントスタッフ参加申し込みはこちら!

☆エコ&フードフェア2010☆

日時:11月6日(土)・7日(日) 10~16時

会場:岡山県総合グラウンド (岡山市北区いずみ町)

募集人員:各日10名程度

お問い合わせ:nporasa@yahoo.co.jp


担当:河上

  1. 2010/10/15(金) 18:23:25|
  2. リユース食器(エコスマ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瀬戸内国際芸術祭 小豆島編

7月から始まったの瀬戸内国際芸術祭も、今月で終わり。

先日の3連休の最終日に芸術祭の会場のひとつ、小豆島へ渡ってきました

小さい頃から家族で小豆島霊場八十八カ所を廻っているという、
メンバーためちゃんの案内付で、アートとお勧めのお寺を巡る一日。
夜明けごろの6時過ぎの船でいざ出発

朝の空気は気持ちいい

島に着いたら、まず島の北東にある「山の観音」へ。
その1カ所目のお寺の奥の院的な場所が、今回の小豆島の中で最高に素晴らしい場所でした。
20分ほど歩いて登った山の上で出会った滝は、まるで水墨画のようで、、、。
小さな祠のあるその場所で、とても写真を撮る心境にはなりませんでした。

ところどころ、形の不揃いな石を重ねて作られた石段の山道を降りていると、
他に人工的なものは何も見えず、数百年前の日本にタイムスリップしたかのような
気分。

そんな不思議な感覚のまま、数件のお寺を巡った後、
午後からは芸術祭のアートがある肥土山・中山へ。

わらで作った大きなマンモスがいたり、ところどころにしかけがしてあったり。
その中でも良かったのは、やはり昔から残っている農村歌舞伎の茅葺の建物。
それと、バンブーハウス。

竹のお家。
201010111334001.jpg

約6000本の竹を使ったという作品。
たくさんの人で満員状態でしたが、風通りが良くて涼しい。
素足になって床にごろーん。ひんやりとして気持ちいい感触。
201010111332000.jpg

くるくると曲げられたり、編まれたりして自由自在な竹。
家まで作れるのだから、竹で作れないものはなさそうです。

201010111302000.jpg


お彼岸からだいぶ過ぎて咲いた彼岸花の咲く農道を歩きながら、
私たちは、どこで「昔」の良さを忘れてしまったのかな、、、と考えました。
自分たちの食べ物をつくり、自然な素材で道具を作り、
みんなの楽しみのために、農村にも歌舞伎小屋をつくったりしていた「昔」です。

私自身、昔の良さを知っているはずもないのですが、
物をもっと大切に使うとか、感謝するとか、
憧れるもっとシンプルで丁寧な生活は、「昔」の中にあるようです。

何百年も前には戻れなくても、今まで大切に守られてきたものを無くさないよう、
今の生活にも役立てていくことが必要だな、、と思います。

島や田舎と呼ばれる場所に行くと、その「昔」に触れやすいです。

アートというキーワードで島に人を呼び寄せ、
現代アートを見るだけではなく、自然や歴史にまで触れさせてくれる瀬戸内国際芸術祭。
残りあと一カ月をきりましたが、時間を作ってまた島をまわろうと思っています。
次は豊島の予定。

小豆島のアートを見に行ったら、お寺にも行って小豆島の歴史を感じて下さいね。


河上

201010111306000.jpg
  1. 2010/10/14(木) 02:08:06|
  2. 瀬戸内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やさしい ブルーベリージャム

先日の環境ビジネスシンポジウム以来、
生物多様性が気になる河上です。

10月6日の朝日新聞に、「できること 足元から」と、
わかりやすい記事が載っていました。

当たり前に使っている携帯電話や、お店に並ぶいろんな種類のカップラーメンなど、
身近なものが実はこんな動物の生態に大きく関わっているそうです。

記事はWWFの資料を使っていたので、載せておきます↓
https://www.wwf.or.jp/biodiversity/about/near/

へぇ~、知らなかった、、、。

あまりに遠く離れたことのように思ってしまうけれど、
私たち消費者は保全に貢献するために何を選べばいいか?
という答えもちゃんと載ってましたよ。


FSCマーク」のついたノートやコピー用紙。材料の木が適切に管理された森林から切り出され、加工・流通したことを示します。

MSCマーク」のついた魚介類。

フェアトレード商品


これらの商品は、たしかに少し高いけど、少し意識して選ぶことが私たちが身近で出来ることですね。


生物多様性の保全のために何をすればよいのか?という多くの疑問に対して、
5つのアクションがあるそうです。

1 旬の食材や自分の住む地域でとれたものを食べる
2 自然を体験してみる
3 絵や写真、俳句などで自然を表現してみる。
4 生物多様性の観察・調査・保全・再生活動に参加してみる。
5 生物多様性の保全に貢献している商品を選ぶ。

詳しくはこちら↓
http://www.5actions.jp/actions1/

1番は出来そう!
ということで、
これ最近マイブームなジャムです↓

201010081348000.jpg

実はタブララサメンバーがつくったジャム。

生産者のことば
・シンプルでおいしい、食べたときに大きな感動は無くても「ちょっと幸せ」と思っていただければ幸いです。そう思って作っています。
・和気町の山の中で、自然農法に近い形で栽培されているブルーベリーを仕様。
・レモンは、イタリア産の有機農法で作ったレモン果汁を使用。
・甘味料は砂糖ではなく、マービー(還元麦芽糖・血糖値が上がりにくい)を使用。
・ペクチンや増粘剤は使用せず、じっくり煮詰めました。(もともと植物がペクチンを持っているので、仕込みの日の違いで若干粘度が違います。)
・糖度は約45度。(一般的なジャムが50%~65%くらい)(糖度は砂糖の濃度ではなく、全体の濃度を指します。一般的にジャム等は「糖度」と言うので、「糖度」としています。)

140g 880円。
倉敷 旅館御園のカフェでも販売しています。
タブララサにお問い合わせくださってもいいです


こんな自然にやさしいジャムを選ぶことも、私たちが出来ることですよね

さっきの5つのアクション。
自然を体験したり、旬のものをいただいたり、自然を感じながらそれを作品にしたり、、、。
本当に豊かな生活って、こういう生活なのかな。
  1. 2010/10/08(金) 14:53:53|
  2. いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月10日は マラソン!

週末連休イベント第2弾!
10月10日(日)は走ってみませんか?

スポーツの秋ですよー

もちろんタブララサメンバーも走ります!!
NPOの紹介ブースにも展示します
遊びに来てくださいね。

↓実行委員会からのご案内を載せておきます


今年も開催します。 
「ギネスにチャレンジ!!世代でつなぐ
           422人マラソンリレー!!」

HP: http://spoxt.net/422relay/422relay.html
    


初めて聞くぞという方もいらっしゃるかと思いますが、
1人100m422人でバトンをつなぎ42.195km
を走るイベントで今年で3回目になります。
*ギネス記録については詳しくはHPをご覧ください。

◎ 自分の役割でベストを尽くす!! (100m走る)
◎ 頑張っている人を応援する。


  当たり前のことではありますが、その原点を追求
  するべく、100m走ってバトンをつなぐという
  単純明快な分かりやすいイベントを開催しています。

 ただの20秒でもやりきった!!全力を出した!!と
 自信を持って言える瞬間がどれほどあるでしょうか。

 みんなで力を合わせて、ゴールを目指す!!
 そこで生まれた感動はアクションをおこす原動力に
 なるものだと思います。

第3回の今年は、今までからさらにパワーアップして
ここで生まれた力を生活の中でアクションを
おこすきっかけとしていただくために、様々な
企画を用意しています。


【頑張っている人を応援するため】
また
【何かをやりたい人の為に】

 ○ オリンピックなど国際大会出場者からメッセージ

 ○ NPO等のパネル展
    →よかったらボランティアや寄付と
     いった形で応援してください!!

 ○ 自分へそして大切な人へのメッセージ

 などなどの企画を準備しております

その他、50m100mのタイムトライアルがあったり、
いろいろとお楽しみもあります。

ご家族ご友人をお誘い合わせの上、
ふるってご参加ください。

【開催概要】

●日時:2010.10.10(日)10:00~16:00 (開会式12:00~) 
 パネル展等のイベントは10:00から開催しています。

●受付:10:00~12:00

●場所:岡山県総合グラウンド補助陸上競技場

●住所:岡山県岡山市北区いずみ町2-1-3

●参加費:無料
     *タイム制限はございません。
      どなたでも参加いただけます。

●人数:先着422人
 (事前申し込みが必要です、空きがあれば当日受付可)

●備考:洗ったペットボトルキャップ1つ以上持参

●主催:「ギネスにチャレンジ!!
     世代でつなぐ422人マラソンリレー実行委員会」
     事務局 SPOxT【担当 石田】

●申込先 : 422relay@spoxt.net

    HPから様式をダウンロードしてください。
    http://spoxt.net/422relay/422relay.html
    
    もしくは、電話でお問い合わせください。
    090-2809-8568(石田)


*参加だけでは物足りないという人は
 ボランティアスタッフの募集も行っています。
 興味のある方は連絡ください。
 *スタッフもランナーとして参加できます。


2010年10月10日何かがおこる!!
是非是非お越しください。

  1. 2010/10/06(水) 19:29:20|
  2. いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月9日 キャンドルワークショップします♪ 

今週末は3連休~

岡山の各地で秋祭りがあるようですね

タブララサは HAPPY SHARE CANDLE の
手作りキャンドルワークショップを「西川秋祭り」にオープン

手作りの秋
かわいいエコキャンドルを作ってみませんか?
お子様でも簡単に作れますよ

岡ビルのお店がお隣の公園に集合するお祭り
なんでもあり!で楽しいですよ~♪
どうやら、マグロの解体もあるらしいです

10月9日(土)
11:00~18:30 雨天決行
野田屋町公園にて(岡ビル北隣)

※キャンドルワークショップは、材料が無くなり次第終了します。
 お早めに

  1. 2010/10/04(月) 20:50:41|
  2. Happy Share Candle
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生態系の一員として

10月1日に開催された、環境ビジネスシンポジウム
「生物多様性がビジネスにもたらす新たな答え」
に参加してきました

今回のシンポジウム、かなり面白いものでした
「生物多様性」という難しそうな単語ですが、
考えれば当たり前のこと。
今後企業や私たちNPO、市民はどういう方向性で活動し、生活していけばいいのか。
それがスッとわかるような内容でした。

パネリストとして参加された、西粟倉森の学校の牧さんの
「生態系の一員として生きることが生物多様性を守ることにつながる」
という言葉が印象的でした

株式会社トンボの小桐さんのお話では、岡山に、これほどまでに生物多様性に真剣に
取り組んでいる企業があったのか、と嬉しくなりました。

岡山市役所の内藤さんのお話でも、岡山には生物多様性条例があり、行政としても取り組もうとしている
姿勢が伺えました。

株式会社レスポンスアビリティの足立さんの基調講演では、生物多様性についての説明と、
企業との関わりがとてもわかりやすく、

「生物資源は大きな利益を生む。その資源を使わず、恩恵を全く受けないようにする
ということではなく、大切に適切に使いながら、無くならないよう維持していく。
それが生物多様性を守るということ。」

という説明に納得。

「保護は現状のままを守ることで、保全は持続可能な形で維持していくこと。」

その「保全」をしていくことが生物多様性を守るのに必要なことなんですね

どの企業も、元をたどれば生物資源を利用しています。
紙を使うし、水も空気も、製造業ならなおさら原料はほとんど生物資源なはず。
その原料は適正な場所から来ているのか。
不当に伐採された木々ではないか、乱獲や遺伝子組み換えなどではないか。
外来種などで、気付かないうちに生態系を壊したりしていないか。

改めて見直してみると、おそらくほとんどの企業や一般市民は自分の知らないところで
生物多様性を壊してしまってます。

でもでも、知らなかったから、じゃ済まされないところまで来てしまってます

じゃ、ちっぽけな私たちに何が出来るのか、、、。

まずは、いま起こっている地球上の出来事を知ること。
私たちは、環境に対してまっとうなことが出来ているか疑問をもつこと。
少しずつ気遣いながら生活することで、今まで便利さのために知らないふりをして
知らないうちに壊し続けてきた生態系を守れるんだと思います。

自分で野菜を無農薬で作ってみるとか、
畑が無理なら、意識して無農薬やオーガニックのものを買うとか、
環境に配慮した商品を選ぶとか。
そんなところからでも全然OK!

生物多様性を守る一員にちょっとずつなっていきましょう!!
それも楽しくなくっちゃ
タブララサもそのきっかけとなるお手伝いをしていきたいと思います。

翌日の山陽新聞に記事が載っていました。
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2010100209500178/


また、今回の主催者の岡山県環境保全事業団の運営する「アスエコ」では、
不定期で生物多様性に関する勉強会をしています。
興味のある方はチェックしてみてくださいね

河上








  1. 2010/10/03(日) 20:19:11|
  2. いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ