NPO法人タブララサ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生態系の一員として

10月1日に開催された、環境ビジネスシンポジウム
「生物多様性がビジネスにもたらす新たな答え」
に参加してきました

今回のシンポジウム、かなり面白いものでした
「生物多様性」という難しそうな単語ですが、
考えれば当たり前のこと。
今後企業や私たちNPO、市民はどういう方向性で活動し、生活していけばいいのか。
それがスッとわかるような内容でした。

パネリストとして参加された、西粟倉森の学校の牧さんの
「生態系の一員として生きることが生物多様性を守ることにつながる」
という言葉が印象的でした

株式会社トンボの小桐さんのお話では、岡山に、これほどまでに生物多様性に真剣に
取り組んでいる企業があったのか、と嬉しくなりました。

岡山市役所の内藤さんのお話でも、岡山には生物多様性条例があり、行政としても取り組もうとしている
姿勢が伺えました。

株式会社レスポンスアビリティの足立さんの基調講演では、生物多様性についての説明と、
企業との関わりがとてもわかりやすく、

「生物資源は大きな利益を生む。その資源を使わず、恩恵を全く受けないようにする
ということではなく、大切に適切に使いながら、無くならないよう維持していく。
それが生物多様性を守るということ。」

という説明に納得。

「保護は現状のままを守ることで、保全は持続可能な形で維持していくこと。」

その「保全」をしていくことが生物多様性を守るのに必要なことなんですね

どの企業も、元をたどれば生物資源を利用しています。
紙を使うし、水も空気も、製造業ならなおさら原料はほとんど生物資源なはず。
その原料は適正な場所から来ているのか。
不当に伐採された木々ではないか、乱獲や遺伝子組み換えなどではないか。
外来種などで、気付かないうちに生態系を壊したりしていないか。

改めて見直してみると、おそらくほとんどの企業や一般市民は自分の知らないところで
生物多様性を壊してしまってます。

でもでも、知らなかったから、じゃ済まされないところまで来てしまってます

じゃ、ちっぽけな私たちに何が出来るのか、、、。

まずは、いま起こっている地球上の出来事を知ること。
私たちは、環境に対してまっとうなことが出来ているか疑問をもつこと。
少しずつ気遣いながら生活することで、今まで便利さのために知らないふりをして
知らないうちに壊し続けてきた生態系を守れるんだと思います。

自分で野菜を無農薬で作ってみるとか、
畑が無理なら、意識して無農薬やオーガニックのものを買うとか、
環境に配慮した商品を選ぶとか。
そんなところからでも全然OK!

生物多様性を守る一員にちょっとずつなっていきましょう!!
それも楽しくなくっちゃ
タブララサもそのきっかけとなるお手伝いをしていきたいと思います。

翌日の山陽新聞に記事が載っていました。
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2010100209500178/


また、今回の主催者の岡山県環境保全事業団の運営する「アスエコ」では、
不定期で生物多様性に関する勉強会をしています。
興味のある方はチェックしてみてくださいね

河上








  1. 2010/10/03(日) 20:19:11|
  2. いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月9日 キャンドルワークショップします♪  | ホーム | 山ぶどうジュース 試飲会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nporasa.blog112.fc2.com/tb.php/102-91b87a32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。