NPO法人タブララサ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やさしい ブルーベリージャム

先日の環境ビジネスシンポジウム以来、
生物多様性が気になる河上です。

10月6日の朝日新聞に、「できること 足元から」と、
わかりやすい記事が載っていました。

当たり前に使っている携帯電話や、お店に並ぶいろんな種類のカップラーメンなど、
身近なものが実はこんな動物の生態に大きく関わっているそうです。

記事はWWFの資料を使っていたので、載せておきます↓
https://www.wwf.or.jp/biodiversity/about/near/

へぇ~、知らなかった、、、。

あまりに遠く離れたことのように思ってしまうけれど、
私たち消費者は保全に貢献するために何を選べばいいか?
という答えもちゃんと載ってましたよ。


FSCマーク」のついたノートやコピー用紙。材料の木が適切に管理された森林から切り出され、加工・流通したことを示します。

MSCマーク」のついた魚介類。

フェアトレード商品


これらの商品は、たしかに少し高いけど、少し意識して選ぶことが私たちが身近で出来ることですね。


生物多様性の保全のために何をすればよいのか?という多くの疑問に対して、
5つのアクションがあるそうです。

1 旬の食材や自分の住む地域でとれたものを食べる
2 自然を体験してみる
3 絵や写真、俳句などで自然を表現してみる。
4 生物多様性の観察・調査・保全・再生活動に参加してみる。
5 生物多様性の保全に貢献している商品を選ぶ。

詳しくはこちら↓
http://www.5actions.jp/actions1/

1番は出来そう!
ということで、
これ最近マイブームなジャムです↓

201010081348000.jpg

実はタブララサメンバーがつくったジャム。

生産者のことば
・シンプルでおいしい、食べたときに大きな感動は無くても「ちょっと幸せ」と思っていただければ幸いです。そう思って作っています。
・和気町の山の中で、自然農法に近い形で栽培されているブルーベリーを仕様。
・レモンは、イタリア産の有機農法で作ったレモン果汁を使用。
・甘味料は砂糖ではなく、マービー(還元麦芽糖・血糖値が上がりにくい)を使用。
・ペクチンや増粘剤は使用せず、じっくり煮詰めました。(もともと植物がペクチンを持っているので、仕込みの日の違いで若干粘度が違います。)
・糖度は約45度。(一般的なジャムが50%~65%くらい)(糖度は砂糖の濃度ではなく、全体の濃度を指します。一般的にジャム等は「糖度」と言うので、「糖度」としています。)

140g 880円。
倉敷 旅館御園のカフェでも販売しています。
タブララサにお問い合わせくださってもいいです


こんな自然にやさしいジャムを選ぶことも、私たちが出来ることですよね

さっきの5つのアクション。
自然を体験したり、旬のものをいただいたり、自然を感じながらそれを作品にしたり、、、。
本当に豊かな生活って、こういう生活なのかな。
  1. 2010/10/08(金) 14:53:53|
  2. いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<瀬戸内国際芸術祭 小豆島編 | ホーム | 10月10日は マラソン!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nporasa.blog112.fc2.com/tb.php/105-e5245d2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。