NPO法人タブララサ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西川さんぽ会

西川(昼)

岡山駅から歩いて5分ほどの岡山のまちの真ん中に、こんな水と緑の場所があります。

西川緑道公園。

タブララサは、7年ほど前からこの場所でアートや音楽のイベントをしたり、オープンカフェをしてきました。
メンバーは当時からがらっと入れ替わり、いまはエコを取り入れたまちづくりのグループになり、やっていることや関心は変わっているようでも、この西川緑道公園という場所で、という思いはずっと変わらずにきました。
キャンドルナイトは今年のゴールデンウィークで6回目。

西川(夜)


緑道公園の両側を道路が走り、ビル群が並ぶ。
その真ん中には西川疎水と緑の木々や花々。
緑豊かな岡山を象徴するような場所が、ひっそりとまちの真ん中にあります。

キャンドルナイトに来てくださる方々や周辺のお店の方々とお話をさせていただく機会も増えたのですが、
その中で、なぜ西川でやっているの?ということを質問されることも増えました。

西川のまわりのお店のこと、西川緑道公園にある木々や花々のこと、歴史とか、西川の長さ。
何でもいいけど、ちょっとくらいは自分たちなりの西川のよさを考えてみようということを思うようになりました。

西川がどんな場所になればいいかなと考えて、お酒を飲みながら素敵な音楽を聴けたらいいなとか、青空図書館とか文化の香りがする場所になるといいなあなんてことを考えたり。



“「四国らしさ」ってなんだろう?ノート”というのがあります。
“「四国らしさ」ってなんだろう?ノート”

四国経済産業局がクライアントとなり、日本デザインセンターがプロデュース、「自分の仕事をつくる」などを書かれているリビングワールドの西村佳哲さんがディレクションされ、greenz.jpなどを運営している株式会社ビオピオが編集等を行い生まれたもの。

四国と同じくらいの面積や人口や気候の国と四国を比べてみたり、世界の中の四国と似たような地域に住む人の話に耳を傾けてみたりしながら、四国らしさを考えるための素を示した本。

西川ってなんだろうか、ということを考えるときに、この本のアプローチが好きだという話や、
「広告」という雑誌のことや、原研哉さんが武蔵野美術大学のゼミでやっているEX-FORMATIONのことなどを話す中で生まれたのが、

この「西川さんぽ会」です。

西川へ足を運び、ご飯を食べ、お酒を飲み、風を浴びてゆっくりしながら、西川を眺めてみる。
自分たちなりに歩いて西川をみつめてみようという会。

夜ご飯を食べに行ったり、ランチをしたり、ちょっとさんぽしてみたり。
西川に来ると、ちょっとやさしい気持ちになれたり、いいことが思いついたりする、
西川がそんな場所になればいいなと思います。

西川のロゴ・小

これは西川のロゴ。(byタブララサ)
ワンチャンみたいなロゴと一緒に西川さんぽ。

  1. 2010/05/10(月) 23:45:06|
  2. 西川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第1回 西川さんぽ会 | ホーム | 回想 キャンドルナイト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nporasa.blog112.fc2.com/tb.php/69-b595ee6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。