FC2ブログ

NPO法人タブララサ

ラサのあれ、工事中

作成から早数年…

立ち上げ当初からほぼ形を変えずにいたラサのHPですが、
ただいま ( ちょっとずつ ) 工事進行中!

他の取り組みに漏れず、HPリニューアル担当大臣はプロでもなんでもなく、
HP構築に興味がある…!という救世主が、休日の時間を使って作業してくれています泣

ときどき見てみると、工事中感を垣間みちゃうかもしれません笑
完成をどうぞお楽しみに!

http://nporasa.org/
  1. 2019/02/14(木) 21:42:09|
  2. いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019!今年もよろしくお願いします♡

みなさん

\ あけまして おめでとうございます /

2018年、楽しいことがいっぱいでした…!
2019年も、すてきな出会いが待っていると信じて^^

今年もどうぞよろしくお願いします!

DSC_7815.jpg


((( ちなみに )))
新年の初詣に行った理事長、
今年は家内安全の願いを込めた破魔矢を事務所にお迎えしました。
ラサメンバー、すなわちファミリーです笑
  1. 2019/01/05(土) 21:16:17|
  2. いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国学園大学で講義してきました!(と、コメントお返事祭り)

こんにちは!やよいです。
先週は、昨年に引き続き中国学園大学で講義をさせていただきました!
授業のタイトルは「トップリーダー講義」。
そうそうたる企業の社長さんたちがご登壇される講義の1コマでお話させてもらうんですが、ラサがトップリーダー…?というとなんだかむず痒いので、講義では学生さんに親近感を持ってもらえるように心がけてます。

46856848_2012482285504969_3536204964600741888_o.jpg
(佐々木先生のお写真を拝借しました。若き日のしっつさんがスクリーンに…笑)

学生さん、90分も集中して講義聞くの大変だよね…ってことで、私が一方的に話す時間は短めです宣言をして
(おかげでか、よく集中して私のことを見ながら参加してくれてました^^ やったー!)
講義の後半はみんなからの質問にお答えするコーナーを。
たくさんの質問やコメントをもらえてとっても嬉しい!
講義時間に答えきれなかったものもあり、せっかくなのでこの記事の続きで回答をしておきます。
ボリュームたっぷり!自分が書いた質問を見つけたり、他の人からの質問もぜひ目を通してもらえるといいな。

回答の中にもちょっと書いたけど、毎日がなんだか退屈だったり、このままでいいのかなって不安になったり、ラサちょっとおもしろそうかも…!って思った人がいたら、ぜひメールをください^^
なぜかラサには刺激的なお兄さんお姉さんがたくさん集まってるので、ただ人生相談に来るとかでも大歓迎だからね。
大学生活はあっという間。一歩踏み出してしまえば、みんなのその先はきっと明るいよ!


続きを読む
  1. 2018/12/03(月) 17:19:41|
  2. いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんと…タブララサ海外デビュー…!

今年最大のNEWSかもしれません…!
なんと…タブララサが…海外デビュー…!!!

12月7日-9日にセブ島で開催されるGlobal RCE Conferenceにて、タブララサの活動紹介をさせていただくことになりました。なんてこったい…!
(RCEとは、国連大学が定めるESD・SDGsに取り組んでいる地域の拠点のこと。岡山はRCE岡山として登録されています。)

アジア大会などエリアごとの会議もありますが、今回セブ島で行われるのは世界大会。
様々な国・地域からたくさんの人が集まる場です。
RCEについては こちら→ http://www.rcenetwork.org (((全部英語)))

まさかこんな展開になるとは!と驚いてるのは私たちこそなのですが(笑)今回感謝してもしきれないのは岡山市ESD推進課/岡山ESD推進協議会のみなさま。

『ラサの事例がぴったりな話があって、ちょっと書類書いてみない?』

と言っていただき提出すると、

『国連大学から素晴らしい!ってお返事があって、世界会議で事例紹介しに来てほしいんだって^^』

なんていうテンポでした…ひょえー!ありがたい!泣

ラサが、若者世代で活動を続けていること、そんな人たちに響くようなエコだったりまちに関わる活動を展開していることなどを評価していただいたそうです。

セブいいじゃ〜ん!と多くの方からコメントいただいているのですが、浮かれてる場合じゃない>< 
岡山にはラサだけでなくたくさんのユースが活躍していることを伝え、世界の事例もたくさん吸収してきたいと思います!
(ただまず、理事長は初海外がこんな大役になってしまい、準備にてんてこまいです泣)

ちなみに…
日本のお土産を持参するのがよい!との情報から”抹茶のキットカットが最高!”となったのですが、暑いセブでは溶ける説…世界の方々に喜ばれる日本のお土産情報募集中です笑
  1. 2018/12/03(月) 10:43:55|
  2. いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『誘客につながる景観シンポジウム』無事終了です^^

山崎亮さん、先日はありがとうございました!
第一部のご講演、席で拝見してましたが笑いっぱなしでもうパネルディスカッションへの緊張はどこかに行ってしまいました笑
タブララサのメンバーも駆けつけ、面白かったねと話していました!

スクリーンショット

▷お写真が届くのより先に、山崎さんがご自身のスマホの写真でさっとアップされてたのでシェアさせていただきます^^


パネルディスカッションでは短い時間の中でも山崎さんが西川緑道公園の動きについて話を広げてくださったり、ご来場いただいた方々からもとてもよく伝わったとお褒めの言葉をいただきました♡

さらに嬉しいことに!この講演会を聴きに来ていた学生さんが「タブララサに関わってみたいです…!」と連絡をくださいました!!!
登壇した私自身が楽しませてもらいつつ、今後に繋がる場にできてよかったな〜と感じたのでした。


(としね やよい)
  1. 2018/11/17(土) 10:48:45|
  2. いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『誘客につながる景観シンポジウム』に登壇します^^

山崎亮さんご登壇のシンポジウムにおいて
パネルディスカッションにラサの理事長がパネリストとして参加します!

46061195_2132950726726824_7296175122572902400_o.jpg  46018306_2132950896726807_3022848165322686464_o.jpg


【11月14日(水)14:00~ @さん太ホール】 

何年か前にラサメンバーが \山崎亮さん!/ \山崎亮さん!/ って言ってたのが印象的ですがまさかこんなことになるとは。ソトコトのインタビュー読みまして、直接お話を聞けるのが楽しみでなりません!

『誘客につながる景観シンポジウム』ということで、西川キャンドルナイトのことや西川エリアで活躍する方々の事例などお話しできたらな…と考えていますが、なにより山崎さんのお話を聞けることが楽しみです~><

気になる!という方はぜひチェックしてみてください^^
  1. 2018/10/25(木) 14:44:44|
  2. いろいろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

直島~火まつり~

今年もやってまいりました直島!
今回、初参加したりょうが直島での出来事を書きます✨
直島に到着してすぐにお昼ご飯を食べました!
行く店、行く店、どこも休業日でお腹を空かせたラサメンバーは、ようやくカフェ コンニチハを見つけて腹ごしらえができました!

準備が始まる前に観光をしたり
「子供たちの願いが書かれた紙」を微笑ましく読んだり

そしていよいよ準備です!ガガガーっと組み立てます

祭り関係者の方に、素敵なお花をいただき、キャンドルケーキに取り付けることにしました!

2段目と4段目にお花を添えると華やかさが出てまいりました✨

キャンドルに火を灯して


他の場所にもキャンドルを設置していきます!
直島のかぼちゃの模様をイメージして配置しました



ここいらで夜ご飯にします!何かな?何かな?

じゃーん!ハンバーグもお米も美味しくて✨
お弁当を食べていると、段々と暗くなっていき、祭りの雰囲気になっていきます
準備で疲れたはずなのに、祭りの始まりに胸が高鳴ります!!

島が完全に暗くなると花火が上がります!!

125人の直島の小学生の思いがキャンドルに灯されて

子供達、大人の方、おじいちゃん、おばあちゃん、海外の方がキャンドルケーキを囲い、その光景を見ると心が温まりました。

2日目は直島観光です!恒例の黄色かぼちゃの前で!

ゆったりして~

巨大ゴミ箱の前で整列です!

最後は赤かぼちゃの前で📸

これで終わりと思いきや、写真を撮ってくれたおじちゃんが持っていたビール瓶を落として、ラサメンバーはこの表情です!汗

以上、報告記事でしたー!笑
こんなに楽しい夏はない!!
また来年も行きたいです✨
  1. 2018/09/13(木) 14:19:43|
  2. キャンドルコーディネート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ